1412円 事件記者コルチャック DVD-BOX DVD TVドラマ アメリカのTVドラマ 1412円,DVD , TVドラマ , アメリカのTVドラマ,事件記者コルチャック,/Cyathea51736.html,cdb.ib.tv,DVD-BOX 1412円 事件記者コルチャック DVD-BOX DVD TVドラマ アメリカのTVドラマ 事件記者コルチャック 入荷予定 DVD-BOX 1412円,DVD , TVドラマ , アメリカのTVドラマ,事件記者コルチャック,/Cyathea51736.html,cdb.ib.tv,DVD-BOX 事件記者コルチャック 入荷予定 DVD-BOX

事件記者コルチャック 入荷予定 DVD-BOX 日本産

事件記者コルチャック DVD-BOX

1412円

事件記者コルチャック DVD-BOX

商品の説明

内容紹介

【INTRODUCTION】
1972年、未出版だったジェフリー・ライスの原作を、「アイ・アム・レジェンド」や「激突!」で知られるホラー作家で脚本家のリチャード・マシスンが脚本を執筆。90分枠のテレビ映画「魔界記者コルチャック/ラス・ベガスの吸血鬼」が放送された。その後、この作品が評判を呼び、翌年には、続編「魔界記者コルチャック/脳髄液を盗む男」が放送され、74年、遂に60分枠のシリーズ「事件記者コルチャック」が誕生することとなった。SF番組としては、特撮技術が決して高い作品ではなかったが、内容の徹底ぶりから人気は高かった。だが、原作のジェフリー・ライスが、シリーズ化を許可していないと訴えを起こしたため、わずか20話で打ち切りとなってしまう。 しかし、その制作本数の少なさが、かえって放送終了後もカルトな人気を呼ぶこととなり、90年代に大ヒットを記録した人気SFドラマ「X-ファイル」シリーズにも、多大な影響を与えた。

日本では76年から日本テレビ系列で放送が開始。作品の内容もさることながら、コルチャック役の声を“アテ”た大塚周夫の名調子も大きな話題となった。今回、60分のシリーズ全20話に、放送当時の日本語吹替版を収録しての初DVD化!マニア待望のお宝BOXとなって登場する!

【STORY】
シカゴの新聞社インディペンデント通信社の、冴えない中年事件記者コルチャック(ダーレン・マクギャヴィン)は、編集長のヴィンセント(サイモン・オークランド)に怒鳴られながら取材に走り回るが、彼の関わる事件はなぜか怪物や心霊現象のからんだものばかり。切り裂きジャック、亡霊、狼男、ゾンビ、吸血鬼、果ては宇宙生物までが、次から次へと登場する。コルチャックは果敢な行動で事件の真相をつきとめ、その度テープレコーダーに吹き込んだ取材経過を、タイプライターで記事に起こすのだが、あまりにも常識の範囲を超えた内容のため、いつもボツにされてしまうのだった…。

【収録話】
第1話:恐怖の切り裂きジャック
第2話:炎に浮かぶ怨霊の影
第3話:満月に出る狼男の恐怖
第4話:悪魔に魂を売った男
第5話:情念に燃える殺人ロボット
第6話:悪魔が生んだ植物魔人
第7話:生き返った死体ゾンビー
第8話:よみがえる地底の怪神
第9話:地獄の底から這い寄る女悪魔
第10話:地底怪獣ワニトカゲの影
第11話:マネキンにのり移った悪霊
第12話:虐殺の血に飢える亡霊騎士
第13話:闇に舞う暴走首なしライダー
第14話:心臓を抉るアステカのミイラ
第15話:闇に牙をむく女吸血鬼
第16話:永遠の宝石を創る魔術師
第17話:凍結細胞から生まれた北極原人
第18話:地獄をさまよう悪霊ラクシャサ
第19話:骨髄を吸い取る宇宙の怪物体
第20話:若さを奪うギリシャの妖女

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

リチャード・マシスン脚本による人気SFサスペンスのBOX。切り裂きジャック、亡霊、狼男、ゾンビなど、怪奇現象を追う中年事件記者・コルチャックの活躍を描く。全20話を収録。

事件記者コルチャック DVD-BOX

東洋炭素のものづくり

元素記号C、原子番号6。私たちの炭素の夢は、未来へと無限に拡がります

自然界に広く分布し、紀元前の昔から利用されてきた炭素。無限の可能性を秘めた炭素に魅せられ、私たちは理想の品質を追求し続けてきました。そして 1974年、日本で初めて等方性黒鉛の開発に成功。以来、炭素の可能性は飛躍的に拡がり、数々の画期的な炭素製品が誕生しました。いまや半導体・宇宙航空用途など最先端テクノロジー分野にも広く採用されています。パイオニアメーカーとしての実績をもとに、私たちの活躍の場は世界規模で拡大しています。さらに創造力を磨き続け、社会に貢献できるグローバル企業をめざして。私たちの挑戦は続きます。

製品情報

暮らしから産業までを支える幅広い事業領域

半導体・自動車・産業機械・家電・医療機器・宇宙航空…これらすべて、東洋炭素のカーボン製品が活躍しています。
東洋炭素のカーボン製品は、創業来着実に活躍の場を拡げてきました。多岐にわたる業界の様々なニーズを結実するべく、気が遠くなるほどのトライアンドエラーを重ねてきた結果、現在では暮らしから産業にまたがる幅広い領域をカバーするに至ったのです。